駅すぱあと 乗換案内の便利機能

駅すぱあとには乗換案内検索などで便利な機能がたくさんあります。

例えば、ツールバーにある[入力経路履歴の表示]ボタンをクリックすると、以前乗換案内を検索した履歴がズラッと出てくるので、同じ路線を調べるのであればこの機能が便利です。

また、目的地が複数入力できるので、そこに駅名をいくつか入れると出発地から入力した順に目的地を経由し、一番下の目的地に着く乗換案内結果が出る機能もあります。経由地が決まっている場合に便利ですね。

また、指定した駅から距離やかかる時間を指定して、その範囲に含まれる駅を全て表示する機能も駅すぱあとにはあります。

その他には、乗換案内以外にも指定した駅周辺の地図やお店などを調べることができたり、ランドマーク登録をして、会社や自宅から目的地までの経路を調べる機能もあります。

駅すぱあとの乗換案内検索の結果をメールで送ることもできます。

探索結果を選んだら、ツールバーにある[メール送信]ボタンをクリックするとメールソフトが起動し、送りたい先に検索結果の内容が文字情報となって送信されます。

簡単な乗換案内ばかり使いがちですが、時間のある時にじっくりと駅すぱあとを使いこなしてみてください。


駅すぱあと:乗換案内で駅名に注意

駅すぱあとは全国各地の駅名がすべて出ていますので、乗換案内を検索すると簡単に結果が出てきます。

私も毎日何度か駅すぱあとを使いますが、時々「あれ〜???」とビックリするような乗換案内が出てくることがあります。

こういうミスのほとんどは、乗換案内検索をする時の「駅名選択」が原因なのです。

全国には同じ名前の駅や似たような名前の駅がたくさんありますが、良く知らないエリアの乗換案内を調べる時に間違えて行きたい目的地とは全く違う県の駅を指定することがあるのです。

ただ、そのまま間違えて乗ってしまうことはほとんどないでしょう。検索結果を良く見れば乗る路線がおかしかったりするのですぐにわかりますからね。

以前にも、やけに時間とお金がかかる乗換案内だなと思ったら、普通電車で行く路線なのに羽田空港から飛行機に乗っていく検索結果でした。

駅すぱあとを出張の多い方などが使いこなしていくと、全国に同じ地名がたくさんあることもわかるようになってきます。

駅名に詳しい方であればこんな乗換案内間違いもないでしょうね。

駅すぱあと 乗換案内検索のコツ

駅すぱあとには便利な乗換案内検索機能がたくさんついていますが、逆に機能が多過ぎて絶対に使いそうもない検索結果まで出てくることがあります。

例えば、無料で乗れる快速や特急であれば良いのですが、有料特急などが走っている路線だとそういった特急に乗っていく乗換案内までが表示されます。

中には、到着地を特急で通過して、先の駅から普通電車で戻ってくるような乗換案内も出たりします。

この場合だと確かに一番早かったりもしますが、普段のビジネスやショッピング程度の移動では、有料特急に乗ることは少ないですよね。

そんな時のために、駅すぱあとでは検索前に事前の設定をしておくと、無駄な乗換案内は出てこなくなります。

駅すぱあとで検索する場合に「飛行機」「新幹線」「有料特急」というところのチェックボックスでチェックをはずせば、新幹線や有料特急などの乗換案内が排除されます。

また、スピードを重視しすぎると、駅すぱあとでは途中で快速に乗り換えたりなどややこしい乗換案内が出ることも多いです。

出発時間が迫っているのであれば一番早く目的地に着く方法を取ればいいでしょうが、ある程度出発時間に余裕があるなら、乗換回数の少ない順に表示させるといいですね。

駅すぱあとで乗換案内を検索

駅すぱあとは出発地と到着地を指定すれば、いろいろな路線や乗り物を使って検索結果が出てきます。

駅すぱあとなら、良く知らない場所でも正しい乗換案内を教えてくれるので便利です。

出てきた乗換案内の結果も、ひとつではなくいくつか出てくることがほとんどなので、乗換回数とか所要時間とか乗る路線などで自分に最適な乗換案内を選んでください。

駅すぱあとで検索した乗換案内は、出発時間を指定すると一番早く着く検索結果から表示されます。

ただし、内容を見ると途中で特急に乗り換えたり、いつもと違う路線を使ったり、時には新幹線に乗っちゃったりもするので、事前に細かく設定することで自分に合った検索結果が出るようになります。

また、乗換案内の検索結果は、運賃の安い順に並び替えたり、所要時間が短い順にしたり、乗換回数が短い順に表示したりなどもできます。

面白いところでは、地球環境に配慮する時代を反映して、「CO2排出量順」という並べ方もあるんですよ。

エコライフを推進している方は、駅すぱあとで乗換案内検索を利用する時も、地球に優しい路線を選べばいいですね。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。