駅すぱあとで検索したものを印刷できます。

駅すぱあとを使ってパソコンで検索するとき、路線図を使って感覚的に操作できるのが嬉しいですね。

駅すぱあと以外の普通のインターネット上の経路探索サービスと大きく違うのは、路線図を利用できる点です。

駅すぱあとオンラインでは画面上でマウスを上下左右にドラッグすることで、路線図を上下左右に画面上で操作できるため、感覚的に路線図から駅を選択することができます。

またこの路線図は市販ソフト「駅すぱあと」シリーズと同様、全部で100種類以上用意されており、必要な路線図だけをダウンロードできます。

新路線や新駅の開業があった場合も最新の路線図がダウンロードされます。

また、ダウンロードした路線図は印刷することもできます。

乗り換えも、距離も、全てが検索ひとつで出てきます。

今までのように分厚い時刻表を片手に、メモを取りながら調べるような手間は一切なくなり、だれでも、いつでも簡単に検索できるようになりました。

それを印刷して持ち歩けば、怖いものなしですね!モバイルザービスもあるのでそれも利用したいですね!

駅すぱあとオンラインは便利で安い

駅すぱあとのインターネット版が駅すぱあとオンラインです。

駅すぱあとはパッケージで買うと1ユーザー分で年間サポートを付けたら19950円ですが、この駅すぱあとオンラインは月額315円で利用できる駅すぱあとなので、パッケージ版より相当に割安です。

駅すぱあとパッケージ版は、私のパソコンには最初からサービスソフトとして付いていたので無料でした。

年間サポートをつけると10500円払わなければいけませんが、それでもはじめからインストールされているなら使わないと損ですよね。

でも駅すぱあとがパソコンにインストールされていないのであれば、個人でパッケージ版を買うよりも駅すぱあとオンラインを利用した方が大幅なコストカットになります。

駅すぱあとと駅すぱあとオンラインの機能の差はそれほどありません。

通常の経路検索がメインならば、駅すぱあとオンラインで十分だと思います。

私は駅すぱあとオンラインと携帯電話の駅すぱあとモバイルを駆使していますが、地方を回っている時にちょっと困った時がありました。

それは電波の悪い山間部を長い間列車に揺られていて、どうしても駅すぱあとで調べたかったのですが、駅すぱあとオンラインも駅すぱあとモバイルもつながらなかったのです。

こんな時のために駅すぱあとPC版は必要だったかもしれません。

駅すぱあとで定期代など交通費精算をキッチリ管理

駅すぱあとでは検索結果で定期代もわかりますが、多くの社員を抱える会社の経理担当者は全員の交通費を管理するだけでも大変ですね。

駅すぱあとの姉妹品で「すぱっと清算!」というソフトがあるのですが、これは定期代などの通勤費や旅費を駅すぱあとのシステムを使いながら簡単に清算書が作れたり、社員別に管理できたりする優れものソフトなのです。

機能を紹介すると、駅すぱあとで経路探索した結果をそのまま清算書に取り込んで簡単キレイな清算書ができあがったり、入力履歴を活用することで、最初に社員番号と所属部署・社員の氏名を入力しておけば、その後は社員番号を入力するだけで所属部署や氏名が出てきます。

また、社員別の機能には定期代や出張に関わる旅費だけでなく食費やその他経費も追加で入力できるので、「すぱっと清算!」があれば、出張報告も簡単に作ることができます。

また、営業マンなどが利用する交通費清算モードでは、その日に使った交通費と経路を駅すぱあとで検索し選択すると入力され、それ以外の新しい機能として訪問先も記入できるようになりました。

どこに行ってきたかが一目瞭然にわかりますが、営業マンとしては絶対にさぼれないソフトでもありますね。

定期代や交通費などの経費を節減するためにも便利なソフトです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。